仮想通貨はどうなるか バブルが終わり、新しい進化が始まる


仮想通貨は異常なほどの価格上昇を示し、暴落しました。何が起こったのか? 価格変動の原因を探り、今後どうなるのか、仮想通貨の将来を展望します。世界ではビットコインを応用したさまざまなプロジェクトが進む中、その潮流から取り残されている日本と躍進する中国フィンテック、マイクロペイメントの実用やブロックチェーン技術の活用例など、これからの動向が一目でわかります。

目次

ビットコインの暴騰と下落のメカニズムを解明/
先物取引の開始でビットコイン相場が大きく変化/
マイクロペイメントは実現できるか/
新しいタイプのブロックチェーンが登場/
メガバンク仮想通貨は成功できるか

 

 

仮想通貨革命-ビットコインは始まりにすぎない


ビットコインをはじめとする「仮想通貨」が、世界で注目を集めています。管理主体を持たない通貨、国家の枠組みを超えた通貨として従来の通貨を脅かしつつあり、その技術革新はより広範な分野に影響を及ぼすとみられています。金融資産の取引が、いまはない分散市場に移行します。新しい資産が作り出されて、所有権の概念が変わる。さらには、経営者がロボットに置き換えられたような企業が登場することさえありうる。起こり始めた通貨革命のインパクトと、現代の通貨の問題点、そして通貨革命によって経済・社会がどう変わっていくのかを述べられた書籍です。

目次

第1章 通貨革命が始まった/
第2章 きわめて斬新なビットコインの仕組み/
第3章 ビットコインに続くもの/
第4章 現代の通貨はどこに問題があるか/
第5章 通貨革命は社会をどう変えるか/
補論 公開鍵暗号と電子署名

 

これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話


お金は変わる。そしていずれ「なくなる」。2017年、バブルを迎えた仮想通貨市場。だが、その本質は投機対象でも決済手段でも、あるいはブロックチェーンという技術革新ですらありません。お金という存在の正体に皆が気づき始めたことこそが、革命なのです。
ビットコインが目指した自由、イーサリアムがもたらす大変革、そして新しく訪れる個人と会社・国家との関係性とは。仮想通貨から学ぶ「これからの経済学」です。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン


仮想通貨ビジネスには、ITや金融の知識がなければ理解できない理系的側面、それを投資家など一般人に分かる言葉で説明できる文系的側面が求められます。この書籍は文系の人でも簡単に、大づかみにこの分野を理解できるようになっています。
デジタル時代に新しく生まれたビットコインと、それを支えるブロックチェーン、さらに大きなフィンテック(フィナンシャルテクノロジーの略)の広がりについて、身近に感じられるように書かれており、三つの同心円の内側(ビットコイン)から外側(フィンテック)に向けて、順番に解説されています。

目次

ビットコインはどうやって手に入れるの?/
投資対象としてはどうなの?/
コピーや改ざんされる心配はないの?/
ブロックチェーンってどんな技術?/フィンテックが実現する未来とは?/
次はどんなサービスが登場する?

これから仮想通貨の大躍進が始まる!


ブロックチェーン革命によって、世界経済や日本経済、そして私たちの日常生活はどのように変わるのか?
革命の最前線に立つ北尾氏には、どのような未来が見えているのか?
まもなく直面することになる新しい時代の経済について書かれた書籍です。

目次

第1章 「仮想通貨革命」によって私たちの生活はどう変わるのか?/
第2章 仮想通貨は、本当に「決済通貨」になれるのか?/
第3章 ビットコイン VS 中央銀行の「デジタル通貨」/
第4章 「新しい時代の経済(フィンテック2・0)」の全貌/
第5章 仮想通貨が地域経済を活性化する/
第6章 SBIグループにおける「フィンテック1・0」から「2・0」への進化

仮想通貨の教科書


ビットコインを中心とした仮想通貨の情報技術面を詳述した教科書です。プリンストン大学が開講したオンライン講義コースをベースとして、ブロックチェーンやマイニングの仕組みや非中央集権的なピアツーピア通信を基礎から解説されています。
Fintechの目玉とも言える仮想通貨の信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されており、ネットワーク内の電子署名されたピアツーピア通信の仕組みにより、安全性が確保されます。ビットコインなどのすべての取引記録は、ブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され、ネットワークの各ノードに分散的に保存されます。取引の整合性は、これにより全参加者が検証できる仕組みです。
多数のコラムが掲載されており、概略だけでなく、従来のコンピュータ技術から見ると細かい気になるところ(当に安全なのか、根拠とする理論は何か、など)にも触れられています。

トップ1%の人だけが知っている「仮想通貨の真実」


仮想通貨は安全な管理の難しさやボラティリティの高さといった仮想通貨特有の問題があり、法整備の遅れから不安定な取引所や詐欺が横行するなど、「手を出す前に知っておくべき」リスクや不安が存在します。そうしたリスクをしっかり示し、仮想通貨に対する「漠然とした不安」を取り除き、投資に対する心構えまでを踏まえ「仮想通貨を味方にする方法」をやさしく解説された書籍です。

目次

第1章 仮想通貨が我々の前に姿を現し始めた!/
第2章 仮想通貨は世界をどう変えていくのか―仮想通貨の可能性を知る/
第3章 仮想通貨を味方にする方法―正しい投資マインドを知る/
第4章 仮想通貨が抱える「不安材料」/
第5章 仮想通貨に群がる怪しい思惑/
終章 「幸せな老後は、今のあなたがつくる

60分でわかる! 仮想通貨 ビットコイン&ブロックチェーン 最前線


話題のIT技術のしくみを解説する「60分でわかる」シリーズの第3弾。ビットコインやブロックチェーンを始めとする仮想通貨周辺の知識をわかりやすく解説した書籍です。ビジネスマンから投資に興味のある方まで、ビットコインの利用についてや、ブロックチェーンを活用するうえで参考となる知識が網羅されています。この1冊があれば仮想通貨やブロックチェーンの原理やしくみを短い時間でしっかり理解できます。また、実例を豊富に掲載されているのでゼロからでも確実に知識が身につきます。
仮想通貨の利用に興味がある方、仮想通貨やブロックチェーン周辺の技術に興味がある方におすすめです。

目次

CHAPTER1 今からでも遅くない!ビットコイン&ブロックチェーンの基本/
CHAPTER2 そうだったのか!ビットコインのしくみ/
CHAPTER3 今すぐ始めてみよう!ビットコインの使い方/
CHAPTER4 これでわかった!ブロックチェーンを支える技術/
CHAPTER5 チャンスを逃すな!ビットコイン&ブロックチェーン最前線

仮想通貨 金融革命の未来透視図


「アフター・ビットコイン」のその後について触れられており、ポイントはハッシュ値にあった!という内容が記載されています。わかりにくい仮想通貨の仕組みをやさしく解説した、明るい将来を予言するバイブル。大国が発行する仮想通貨は価値固定、民間系は変動型になりドル基軸体制が崩壊する予測が建てられています。

目次

第1章 通貨革命の前奏曲が鳴り響く/
第2章 ブロックチェーンによる通貨・金融・会計の革命/
第3章 仮想通貨はセキュリティから見ると理解できる/
第4章 仮想通貨の課題(Task)と問題(Problem)への考察/
第5章 仮想通貨で消えるドル基軸と、その未来/
第6章 通貨の信用構造とはなにか

 

決済インフラ入門〔2020年版〕 仮想通貨、ブロックチェーンから新日銀ネット、次なる改革まで


仮想通貨、ブロックチェーンはどうなる?銀行誕生以来、最大の変革にどう対応するか?急激に進化・拡大する「決済」の全体像を理解するために最適な一冊です。
銀行の未来/1万円札廃止/24時間365日決済/企業通貨・電子マネー/日銀ネット/
モバイル決済/QRコード/ハッキング・サイバー攻撃/国債決済T+1/SWIFT/
銀行法改正/電子記録債権/仮想通貨・ビットコイン/フィンテック/ブロックチェーンなど

ビジネスパーソンなら知っておきたい 仮想通貨の本当のところ


仮想通貨は今後、本来の「通貨」としての機能を高め、私たちの生活やビジネスに大きな変化をもたらすと予測されます。そのメリットとデメリット、リスクとリターンをよく理解したうえで、仮想通貨との賢い付き合い方を身につけておく必要があります。
「そもそも通貨とは何か?」「なぜ仮想通貨は『革命的』だと言われるのか?」「結局、仮想通貨は私たちの生活をどう変えるのか?」をテレビ東京Newsモーニングサテライトで人気の為替アナリストが、お金の本質と通貨の未来をわかりやすく一気に解説。

目次

第1章 通貨は仮想空間に吸収される?【仮想通貨は「通貨」ではない?/通貨の価値は何によって保証されるのか/これまでの通貨と、通貨の未来】
第2章 現金は消滅する?-決済の未来【キャッシュレス化が進む中国の今と、電子決済の未来/バンキングは必要だが、バンクはいらない?/決済手段としての仮想通貨?】
第3章 外国為替市場がなくなる日【通貨の「計算単位」としての役割/中央銀行と仮想通貨の関係/仮想通貨のさらなる広がり】
第4章 民主化するファイナンス【資産運用は民主化する/仮想通貨の「投機」から「投資」へ/ICOが変える資金調達の世界】
第5章 私たちが備えておくべきこと【フィンテックの近未来/仮想通貨の未来/変化の波に乗る】

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う


東京大学大学院客員教授として政策提言活動に携わっている著者がサイバーセキュリティについて語ります。先頃のコインチェック問題の背景にもサイバー攻撃が指摘されましたが、いまや国民生活の基盤となっている電脳空間の安全を確保することは、最重要課題です。いま話題になっている仮想通貨も、サイバーセキュリティの延長線上に、その健全性が展望できるもの。暗号通貨は、日本が通貨・金融の切り口とする世界の経済インフラの構築において確かなポジションを取る上での重要な国家戦略になるものという考えが記載されています。

仮想通貨革命-ビットコインは始まりにすぎない


仮想通貨は管理主体を持たない通貨で国家の枠組みを超えた通貨として従来の通貨を脅かしつつあり、その技術革新はより広範な分野に影響を及ぼすとみられています。金融資産の取引が、いまはない分散市場に移行し、新しい資産が作り出されて所有権の概念が変わります。さらには、経営者がロボットに置き換えられたような企業が登場することさえありうると言えます。起こり始めた通貨革命のインパクトと、現代の通貨の問題点、そして通貨革命によって経済・社会がどう変わっていくのかが記載された書籍です。

目次

第1章 通貨革命が始まった/
第2章 きわめて斬新なビットコインの仕組み/
第3章 ビットコインに続くもの/
第4章 現代の通貨はどこに問題があるか/
第5章 通貨革命は社会をどう変えるか/
補論 公開鍵暗号と電子署名/

仮想通貨 ビットコインキャッシュの革命 金融の世界を変える未来のお金


実需と拡張性に優れ、真のビットコインと言われるビットコインキャッシュ。誕生から1年で、ビットコインキャッシュを基軸通貨にする取引所も登場し、決済用アプリやウォレットも次々に開発されています。本書は来るべきトークンエコノミーを牽引する、ビットコインキャッシュを学ぶのに最適な実践的な解説書です。
ビットコインの歴史/ビットコインとは/ビットコインとビットコインキャッシュの違い/経済の民主化/第三世界で広がるビットコインキャッシュ/ビットコインキャッシュで変わるお金の流れ/さらに広がるプロジェクトとサービス/情報の集め方

できるビットコイン入門 話題の仮想通貨の仕組みから使い方までよく分かる本 できるシリーズ


日本では2017年に仮想通貨法が導入されたため、「仮想通貨元年」とよべる盛り上がりを見せています。一方で、ビットコインの仕組みには難解な点も多く、利用方法も分かりにくくなっています。それを受けてビットコインの概念や仕組みから、購入方法、実店舗での使い方まで難しい金融用語を使わずに丁寧に解説されています。
ビットコインや関連技術のブロックチェーンを豊富な図版で解説されているので難しいた内容が分かりやすく、ビットコインの購入方法から店舗での利用、保管方法まで手順入りで詳しく紹介されています。仮想通貨取引所の専門家が執筆しているので基本的な内容から最新の情報まで網羅しています。
こんな人におススメ!
・ビットコインやブロックチェーンについて知識をまとめたい人
・ビットコインの売買に興味がある人
・ビットコインの使い方を詳しく知りたい人

仮想通貨革命で働き方が変わる -「働き方改革」よりも大切なこと


仮想通貨にも触れながら働き方革命がメインの内容となる書籍。仮想通貨で個人の支払い手段が増える、少額の決済に有利になる、利益率の低い商売もできるようになる、という内容にも触れられています。別の章では将来的にスマートコントラクトを用いたロボット企業に取って代わられるサービスが出てくるという内容も掲載されています。

2050年 衝撃の未来予想


著者の苫米地英人は脳・人工知能を専門とする科学者として活躍しています。イエール大学で人工知能の父、ロジャー・シャンクに師事し、コンピュータ科学分野世界最高峰と名高いカーネギーメロン大学で、全米4人目、日本人初の計算言語学の博士号を取得。NASA、アメリカ国防総省など超有名機関にも導入されているコーチングの権威であり、各国政府ともつながりをもち、世界的には経済学者としても名を馳せています。
社会構造、政治、経済、戦争、ビジネスほか、気になるテーマの本質を、世界・日本両面から縦横無尽に紐解いた内容になっています。
平均寿命120歳時代到来! 「懐古趣味」と「便利さ」がカギに/2050年の三種の神器/日本の将来はモナコ公国のような形/経済、行政、国防…、世界はサイバー空間を中心に再編される/巨大資本による仮想通貨が流通し「円」や「ドル」と同様の価値を有する/通貨発行権を有する巨大資本が国家を超越する/仮想通貨のもたらす驚愕の新秩序―「グーグル国」の誕生!?/“マルタ騎士団”のようなバーチャル国家が国連に加盟/民主主義が資本主義に飲みこまれ消失する未来=金融資本主義対民主主義/金融帝国主義に反旗を翻すのがサイバー独立国/「優先国民」という新種の奴隷が生まれる/第三次世界大戦はとっくに始まっている/正規軍の価値は下がり、民間軍事会社がカギを握る世の中/5次元サイバー戦争など当たり前、次はマインドハッキング/終わらないテロリズム/虚経済の洗脳から脱しなければ未来はない/下がり続ける人間の生産性の上げ方/総理大臣他数名以外は不要になる超人工知能時代の歩き方…など。

仮想通貨とブロックチェーン


実用段階に入った仮想通貨とブロックチェーンについて、全体像をコンパクトに解説しています。これまでのしくみとどこが違うのか、なぜ注目を集めているのか、ビジネスにどのようなインパクトがあるのか、規制のあり方や弱点についてなど、幅広くまとめてあります。ブロックチェーンは金融のあり方を大きく変えるだけでなく、さまざまな分野への応用が期待されており、不動産や契約、著作権管理をはじめとし、企業組織や国家のあり方にまで影響を与えるといわれています。複雑でわかりづらい仮想通貨とブロックチェーンのしくみをかみくだいて紹介されているので、さまざまな業界での応用の可能性、規制や制度とのかかわりなどもひととおり学ぶことができる書籍です。

仮想通貨とフィンテック:世界を変える技術としくみ


フィンテック、仮想通貨はメガバンクも無視できず取り組みを始めています。生活に大きなインパクトを与えることになると言われていますが、何がどう変わるのか?ビジネスチャンスはどこにあるのか?という問いへの返答を、フィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来について書かれた書籍です。

目次

第1章 仮想通貨とは何か/
第2章 仮想通貨は暗号通貨/
第3章 ビットコインとは何か/
第4章 ベチユニットと苫米地アルゴリズム/
第5章 仮想通貨が導く未来像