初心者向けのブロックチェーン開発・プログラミング書籍・本紹介

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

フィンテックの中核技術であるブロックチェーンについて、基礎から実装までをやさしく解説したプログラマ、エンジニア向け入門技術書。『Mastering Bitcoin』の次に読むべき1冊

【目次】1章 ツールの導入/2章 ビットコインとブロックチェーンの基本/3章 ビットコインの暗号技術/4章 ビットコイン・ワレット/5章 ブロックチェーン/6章 トランザクション など。

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書


ブロックチェーン技術を、理論と実践両面から理解するための1冊で、ブロックチェーン技術を正しく理解し、アプリケーション開発を実践するスキルを学ぶため、理論的背景や現在の動向を解説する前半と、サンプルコードを交えて、開発の具体例や考え方を実践する後半の2部構成となっています。
Chapter1~3では、ブロックチェーン技術の特徴や歴史から、暗号通貨システムを支えるブロックチェーンの要素技術、スマートコントラクトとイーサリアムを解説します。
Chapter4~5では、暗号通貨や暗号通貨以外の具体的な事例を紹介することで、ブロックチェーン技術を活用して提供できるサービスの可能性を考察します。
Chapter6~8では、ブロックチェーン開発の環境構築からイーサリアムのブロック構造やトランザクション構造などに加え、Solidityの言語仕様を解説した上で、スマートコントラクト開発を具体例に説明します。また、Truffleフレームワークを使ったアプリケーションの開発手法も解説します。
Chapter9~10では、ブロックチェーンでの制約や注意点として、セキュリティやストレージの利用方法などを解説し、発展段階であるブロックチェーン技術が抱える主要な課題と現時点における解決策や事例を紹介します。
そして、Chapter11では、暗号通貨やブロックチェーン技術が今後どのような変化を社会にもたらすかを検討します。

堅牢なスマートコントラクト開発のためのブロックチェーン[技術]入門


ブロックチェーンの技術は、ビットコインに代表される仮想通貨に使用されるだけでなく、従来のように中央集中管理型のシステムに比べて、改ざんが難しく、かつ低予算で構築できることから、幅広い分野への応用が期待されています。例えば、地域通貨や電子クーポン、有価証券、投票、電子チケットの偽造・転売防止などです。ブロックチェーンの関連する暗号化技術などを解説されており、スマートコントラクト開発で注目されるEthereum(イーサリアム)のセキュリティ対策まで言及しています。

社会を根底から変えるシェアリングエコノミーの衝撃! 仮想通貨ブロックチェーン&プログラミング入門

日本にはあまり情報がない 「自分で仮想通貨を作るための」プログラミング最新情報を更新していく 本書特設ブログを同時開設。(閲覧パスワード付き)
解説動画や、ふんだんなリンク集も掲載。 仮想通貨を自分で作ってICOできるようになります。

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術


世の中を変えるFinTechのバイブル、邦訳がついに登場! 「ブロックチェーン」に基づく暗号通貨「ビットコイン」の本格的な解説書Mastering Bitcoinの翻訳。ビットコインの背後にあるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワーク等を詳細に記載し、グラフや具体例を示しながらわかりやすく解説。類書にはない深い知識が得られる、ビットコイン、ブロックチェーンを理解するための必読書。

ブロックチェーン技術の教科書

ブロックチェーンを技術的な観点で整理し、特徴や性質について理解を深められるように解説しています。また関連する従来技術をいくつかピックアップし、その特徴やブロックチェーンと絡めた事例を紹介しています。書籍中で述べる要素や特性、それにまつわる課題について理解しておくことは、さまざまなブロックチェーンのソフトウェアを理解し考察する上での基礎になると期待しています。

また、書籍後半ではイーサリアムとHyperledger Fabricでのスマートコントラクトの簡単なサンプルプログラムを用意しています。イーサリアムやHyperledger Fabricの環境で実際にスマートコントラクトを実行してみることで、ブロックチェーンソフトウェアのイメージをつかむ助けになる書籍です。

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門


インターネット以来の発明と言われるブロックチェーン。エンジニアのためのブロックチェーン・アプリケーション開発の指南書です。ブロックチェーンを活用したシステムを開発するために、エンジニアが具体的に何をしたらいいのかを3つのサンプルを使ってわかりやすく解説します。
開発方法はEthereum(イーサリアム)というブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを使用します。スマートコントラクト開発言語には、最も利用者の多い「Solidity」を採用し、実際に使えるソースコードも余すところなく公開します。
本書を読むことで、具体的に何をしたら良いのか、どうやって開発するのかを、効率的に身につけることができます。ブロックチェーン技術に関心のある、全てのエンジニア必読の一冊です。

ブロックチェーン 仕組みと理論 サンプルで学ぶFinTechのコア技術


主にITエンジニアを対象とし、3部構成となっています。

  • 基礎編(1~5章)では「ブロックチェーン=金融」というイメージを払拭します。
    まずはビットコインとの混同を解き、技術の概要と意義、登場の背景をざっくり説明します。また、金融機関をはじめ各国政府機関や企業間の実証実験、応用事例等を通じて、各業界の動向を紹介します。
  • 理論編(6~10章)では、ブロックチェーンの構成要素であるP2Pネットワーク、コンセンサスアルゴリズム、電子署名およびハッシュ暗号を解説します。これら既存技術によって解決されたことと、まだ解決されていない問題を明らかにし、ブロックチェーン技術を利用する上での課題を考察します。
  • 実践編(11~14章)では、代表的な3つのブロックチェーン基盤、すなわちBitcoin Core、Ethereum、HyperLedger Fabricを動かしてみます。実行環境を構築して、暗号通貨による送金やマイニングを実行するほか、簡単なサンプルアプリケーションを作成します。これらの作業を通じ、スマートコントラクトの開発方法、各ブロックチェーン基盤の特徴や違いについて理解を深めます。

現場だけが知っているブロックチェーン実践法


ブロックチェーン技術の成熟度は低い。ビットコインのコア技術である「ブロックチェーン」に注目が集まっている。現在は主に仮想通貨としての用途に限られるが、実はその対象範囲は広く金融に限らない。一番の特徴は「非中央集権」にある。従来のシステムでは、どこか1カ所で全データを集中管理し、安心安全を維持していた。例えば銀行の預金では、勘定系システムの中にすべての預金データが管理されている。ブロックチェーンはそうした常識を打ち破った。すべての履歴を全ノードに保有することで、1人の管理者が支配する構造を変えた。ブロックチェーンはさまざまな分野で応用が考えられており、今後、次々と新サービスが登場するだろう。ただし、ブロックチェーン技術の成熟度は高くない。インターネットでいえば黎明期程度にすぎないとの指摘がある。現時点のブロックチェーンに残されている問題を詳しく解説している書籍。

個人投資家のためのFinTechプログラミング (日経BPムック)


プログラミング言語「Python」を利用した、ビットコインのシステムトレードプログラムの作成方法と、株価データを取得・分析するプログラムの作成方法を紹介します。特に、ビットコインのシステムトレードプログラムは国内大手3社の仮想通貨取引所APIに対応する極めて実践的なもので、現時点ではネットや類書にはない貴重な内容になっています。他にも、仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンをやさしく解説する記事を収録している書籍。

初心者のためのPython活用術 (日経BPパソコンベストムック)


最も人気のあるプログラミング言語の一つである「Python」を活用して、人工知能やゲーム、数学、統計学、画像処理、GUIアプリなど、いろいろな分野のプログラムを作成する方法を紹介します。Pythonを活用する上で最も重要なのは、いろいろなライブラリの存在を把握して、使いこなすことです。特にこの点にフォーカスし、各種ライブラリの活用術を詳しく解説した書籍。

ブロックチェーン システム設計


ブロックチェーンの環境構築やスマートコントラクトの実装技術は確かに重要です。しかし、顧客や利用者に新たな価値を提供できるか否かは、システム全体としての設計にかかっています。製品固有の知識や要素技術の詳細は他書に譲ることで初級以上のSEの方向けに「ブロックチェーンの基本的な仕組みと性質」「暗号化や改ざん耐性、コンセンサスアルゴリズムといった主要な要素技術」「ブロックチェーンを1つの構成要素と捉えたときの、システム設計に必要な考え方を明示」しています。

-ブロックチェーンの革新技術-Hyperledger Fabricによるアプリケーション開発


「Hyperledger Fabric」は、ブロックチェーンを活用した業務システムを構築・運用するためのソフトウェア基盤で、この書籍はHyperledger Fabricの概要から環境構築、アプリケーションの開発、設定の詳細までを体系的にまとめた一冊です。
まず初めにブロックチェーンの仕組みやユースケース等を紹介し、この技術がなぜビジネスの実現や改善に役立つのかを見ていきます。次に、Hyperledger Fabricの特徴やアーキテクチャ、トランザクションの処理方法などを解説します。さらに、Hyperledger Fabricを活用したアプリケーション開発やシステム構築について、ステップ・バイ・ステップで実行しながら説明します。ここでは、自動車のオーナーを移転するアプリケーションなどを例に挙げながら、スマートコントラクトの開発についても詳解しています。

堅牢なシステム開発/運用を実現するための ビットコイン[技術]入門


本書の目的は大別すると2つです。1つ目はビットコインネットワークを技術詳細レベルで理解することです。ビットコインネットワークで利用される「暗号」「アドレス」「トランザクション」「ブロック」といった技術要素を、これでもかというくらい手を動かしてもらうことで習得できるように配慮しています。Chapter16では、鍵・アドレスの生成、
トランザクションの生成・署名、さらにはP2Pに入って送金する処理までを、専用のライブラリやアプリケーションを一切使わずに、Linuxとopensslのコマンドと少しのプログラミングだけで行います。2つ目は堅牢なシステムを設計・開発できるようになることです。昨今、仮想通貨取引所などへのハッキングによる被害事例が後を絶たず、ときに社会的なインパクトを与えてしまうこともあります。これらの被害はブロックチェーンそのものが脆弱であるというよりも、システム運営者のセキュリティ対策が不十分なことに起因して起きる場合がほとんどです。本書ではあるべきセキュリティ対策をシステムアーキテクチャ、運用設計の観点から説明します。

おすすめポイント
見出し