イーサリアム・スマートコントラクト入門の書籍・本紹介

堅牢なシステム開発/運用を実現するための ビットコイン[技術]入門


ブロックチェーンの技術は、ビットコインに代表される仮想通貨に使用されるだけでなく、従来のように中央集中管理型のシステムに比べて、改ざんが難しく、かつ低予算で構築できることから、幅広い分野への応用が期待されています。例えば、地域通貨や電子クーポン、有価証券、投票、電子チケットの偽造・転売防止などです。ブロックチェーンの関連する暗号化技術などを解説されており、スマートコントラクト開発で注目されるEthereum(イーサリアム)のセキュリティ対策まで言及しています。

スマートコントラクト本格入門―FinTechとブロックチェーンが作り出す近未来がわかる


FinTechの中でも大きなインパクトをもたらす技術と目されている「スマートコントラクト」。この書籍ではFinTechの最新アウトラインから入り、スマートコントラクトの基礎、事例、可能性、コーディングと、順を追って掘り下げています。コーディングは、エンジニアの方に向けてEthereum、Solidityを用いたスマートコントラクトの開発方法をご紹介。コーディング以外は、金融業界の方などエンジニアでない方も無理なく読める内容です。図解とクリアな説明によって、仕事で使えるレベルの知識をスムーズに仕入れることが可能です。

ブロックチェーンアプリケーション開発の教科書


ブロックチェーン技術を、理論と実践両面から理解するための1冊で、ブロックチェーン技術を正しく理解し、アプリケーション開発を実践するスキルを学ぶため、理論的背景や現在の動向を解説する前半と、サンプルコードを交えて、開発の具体例や考え方を実践する後半の2部構成となっています。
Chapter1~3では、ブロックチェーン技術の特徴や歴史から、暗号通貨システムを支えるブロックチェーンの要素技術、スマートコントラクトとイーサリアムを解説します。
Chapter4~5では、暗号通貨や暗号通貨以外の具体的な事例を紹介することで、ブロックチェーン技術を活用して提供できるサービスの可能性を考察します。
Chapter6~8では、ブロックチェーン開発の環境構築からイーサリアムのブロック構造やトランザクション構造などに加え、Solidityの言語仕様を解説した上で、スマートコントラクト開発を具体例に説明します。また、Truffleフレームワークを使ったアプリケーションの開発手法も解説します。
Chapter9~10では、ブロックチェーンでの制約や注意点として、セキュリティやストレージの利用方法などを解説し、発展段階であるブロックチェーン技術が抱える主要な課題と現時点における解決策や事例を紹介します。
そして、Chapter11では、暗号通貨やブロックチェーン技術が今後どのような変化を社会にもたらすかを検討します。

はじめてのブロックチェーン・アプリケーション Ethereumによるスマートコントラクト開発入門


インターネット以来の発明と言われるブロックチェーン。エンジニアのためのブロックチェーン・アプリケーション開発の指南書です。ブロックチェーンを活用したシステムを開発するために、エンジニアが具体的に何をしたらいいのかを3つのサンプルを使ってわかりやすく解説します。
開発方法はEthereum(イーサリアム)というブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを使用します。スマートコントラクト開発言語には、最も利用者の多い「Solidity」を採用し、実際に使えるソースコードも余すところなく公開します。
本書を読むことで、具体的に何をしたら良いのか、どうやって開発するのかを、効率的に身につけることができます。ブロックチェーン技術に関心のある、全てのエンジニア必読の一冊です。

ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門 (KS情報科学専門書)

フィンテックの中核技術であるブロックチェーンについて、基礎から実装までをやさしく解説したプログラマ、エンジニア向け入門技術書。『Mastering Bitcoin』の次に読むべき1冊

【目次】1章 ツールの導入/2章 ビットコインとブロックチェーンの基本/3章 ビットコインの暗号技術/4章 ビットコイン・ワレット/5章 ブロックチェーン/6章 トランザクション など。

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み


「ブロックチェーン」について、よく目にするもののきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。本書はブロックチェーンの実装案件で国内トップレベルの実績を持つカレンシーポート株式会社の杉井靖典氏が、ブロックチェーンの仕組みや成り立ちを一から丁寧に解説しています。ブロックチェーンを支える「暗号技術」や「分散ネットワーク」、価値の保持者を特定する「ウォレット」、取引を記録する「トランザクション」、契約執行を可能にする「スマートコントラクト」など、難しい概念や機能を、平易な言葉と豊富な図版で解説しています。これからブロックチェーンを学びたい人が最初に読むのに最適です。

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術


世の中を変えるFinTechのバイブル、邦訳がついに登場! 「ブロックチェーン」に基づく暗号通貨「ビットコイン」の本格的な解説書Mastering Bitcoinの翻訳。ビットコインの背後にあるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワーク等を詳細に記載し、グラフや具体例を示しながらわかりやすく解説。類書にはない深い知識が得られる、ビットコイン、ブロックチェーンを理解するための必読書。

ブロックチェーンの未来 金融・産業・社会はどう変わるの


ブロックチェーンを技術面から解説するのではなく、その特徴やメリット。その分類、課題や実践例などを平易に解説し、広く社会への影響をとらえるた内容。注目される「スマートコントラスト」の意義と課題を、法的な枠組みとの関係や、経済学の契約理論から明らかにし、学術面も含めた知的関心にも応えた書籍です。

-ブロックチェーンの革新技術-Hyperledger Fabricによるアプリケーション開発


「Hyperledger Fabric」は、ブロックチェーンを活用した業務システムを構築・運用するためのソフトウェア基盤で、この書籍はHyperledger Fabricの概要から環境構築、アプリケーションの開発、設定の詳細までを体系的にまとめた一冊です。
まず初めにブロックチェーンの仕組みやユースケース等を紹介し、この技術がなぜビジネスの実現や改善に役立つのかを見ていきます。次に、Hyperledger Fabricの特徴やアーキテクチャ、トランザクションの処理方法などを解説します。さらに、Hyperledger Fabricを活用したアプリケーション開発やシステム構築について、ステップ・バイ・ステップで実行しながら説明します。ここでは、自動車のオーナーを移転するアプリケーションなどを例に挙げながら、スマートコントラクトの開発についても詳解しています。

ブロックチェーン技術の教科書


「Chapter 1 ブロックチェーン・分散台帳とは何か?」「Chapter 2 ブロックチェーン・分散台帳の仕組み」「Chapter 3 ビットコインの仕組み」「Chapter 4 スマートコントラクト」「Chapter 5 従来技術とブロックチェーン」「Chapter 6 ブロックチェーンの実現可能性」「Chapter 7 ブロックチェーンソフトウェアの例」「Chapter 8 ブロックチェーンを使ってみよう(1)~データ共有篇~」「Chapter 9 ブロックチェーンを使ってみよう(2)~スマートコントラクト篇」

ブロックチェーン イーサリアムへの入り口 ビットコインへの入り口 (ブロックチェーン技術書籍)


(こんな方にお勧め)
・イーサリアムの動きを深く知りたい方
・ブロックチェーンについてはある程度知識をお持ちの方
1章はじめに・2章 イーサリアムとは・3章 構成コンポーネント・4章 システム構成・5章 イーサリアム実行ノード(geth)・6章 プライベートチェーンの立上げ・7章 イーサリアム仮想マシン・8章 Solidityプログラミング・9章 コントラクト開発手順・10章 トランザクション実行手数料・11章 採掘(マイニング)・12章 ブロックチェーン・13章 Web3 ベースレイヤサービス

おすすめポイント
見出し