ブロックチェーン技術を著作権管理などに活用

プレス

ブロックチェーン技術を著作権管理などに活用

 プレスリリース詳細

スタートバーン株式会社とSMADONA株式会社が発表。

スタートバーンが推進する「アート・ブロックチェーン・ネットワーク(以下ABN)」は、ブロックチェーンの持つ特性を活かし、所有権そのものを分割した共同所有や、所有権を移動する際の承認・実行プロセスを提携企業へ提供することを想定した仕組みです。
またABNは他のブロックチェーンプロジェクトと接続し運用できる点が大きな特徴です。本プロジェクトはABNをSMADONAが提供予定の所有権分割サービスと連携し、作品の来歴管理や著作権管理、小口化された作品の再流通を可能とする取り組みを進めてまいります。
小口化された作品の来歴を管理し、著作権管理もブロックチェーンで証明することで、多くの人がアートに関わる機会を創出し、小口化された権利を所有する際の契約や管理に掛かるコストを抑え、作品や作家自体の評価が高まる機会を従来よりも増やす事につながると考えております。

出典
http://www.dreamnews.jp/press/0000196884/